折り鶴の折り方のコツ!キレイに折るための3つのポイント!

折り鶴ってキレイに折れないんだよね・・

なんかコツはないのかな・・・

a0002_004042

なんて思っていませんか??

この記事では、悩めるあなたのために、

キレイな鶴を折るための3つのポイント

折り方の手順にそって説明します!

「鶴が上手く折れない」って人はもちろん

「初めてなので折り方がわからない」

っていうあなたにも参考になるはずです!

ポイントとはいっても簡単なことです。

でも、とっても重要なので、

是非、参考に折ってみて下さい^^

スポンサーリンク

折り鶴をキレイに折るコツ!

1つ目のポイントは、

折り紙は、柄物を選ぶべし!

まず最初のポイントは、折り紙選びから。

「なんだこんなことか」って感じですか?

でも、ココは超重要ですよ!

試しに、単色折り紙で折った鶴と、

和柄で折った鶴を比べてみます。

単色と和柄の折り鶴

いかがでしょう?

和柄の方が、雰囲気も出ますし、

なんだか高級な感じがします^^

なので単色ではなく柄物を選びましょう!

では早速、折りはじめます・・

ちょっと待った!!

早くも2つ目のポイントです。

最初に、折り目を付けるべし!

折り目を先に付けることで、

折り紙が重なる部分がキレイに折れます!


では画像のように折り目を付けましょう

※半分に折ったら、必ず、

一度開いて、もう一度半分に折って下さい

写真


裏返して、対角線を折ります

※この時も半分に折ったら、必ず、

一度開いて、もう一度半分に折って下さい

写真 (2)


2つ目のポイントは以上です。

折り目はうまく付きましたでしょうか?

この先は、しばらく手順の説明になります


折り方の手順


ここからが、最後のポイント

折り目まで折らないこと!

ついついキレイに折るためには、

折り目まできっちり折る方が良いと、

思いがちですが、この部分に関しては

折り目より1mmほど手前で折ります。

これによって、鶴の首と尻尾が、

スッキリとキレイに折ることができます。

折り方の手順

スポンサーリンク

最後に

折り鶴はキレイに折れましたでしょうか?

ポイントまとめると、

1.柄の折り紙を使う
2.最初にキッチリと折り目を付ける
3.部分的に、折り目の手前で折る

以上の3つのポイントを守るだけです♪

是非、折れたら飾ってみて下さい。

味のある良い雰囲気になりますよ^^

スポンサーリンク

動物