折り紙「着物」の簡単な折り方!わかりやすくご紹介します

折り紙着物も作れるってご存知でしたか?

しかも、難しい折り方ではなく、かなり簡単な折り方で下の画像のような、ステキな着物が作れちゃいます。

折り紙の着物

着物は、七夕飾りにも使えるんですよね。壁に飾ったり、つる下げて飾るのも良いでしょう!

では、さっそく折り方を動画でご紹介します。

スポンサーリンク

着物の折り方

※折り方はこちらの動画を参考にさせていただきました。

用意するもの

着物用に折り紙1枚、帯に使うようの違う柄の折り紙も1枚用意します。あとは、ハサミやのりです。ハサミは、帯を切るときに使い、のりは、帯の固定で使います。

色がついている方を中に折る!

折る際に気を付けるのは、最初に、色がついている方を中に折りこんでいくということです。普通に柄を外にして折ってしまうと、最終的に柄が中に入ってしまいますので注意が必要です。

柄の折り紙を使おう!

着物なので、単色折り紙を使うのではなく、友禅柄、和柄の折り紙を使うといっそう雰囲気が増します。今は、100均でもそういったステキな柄の折り紙はたくさんありますので、ぜひ見に行ってみてください。

スポンサーリンク

おわりに

着物の折り方はわかりましたでしょうか?折ってみると意外と簡単だったのではないでしょうか。これなら、お子様にも折れると思います。お子様が折る際は、ハサミを使う帯の部分だけ注意してあげましょう。

着物って実際に着てみると、手間もかかるので、昔の人は普段から着ていたなんて凄いと思います。今でも、結婚式や成人式などでは、よく着られていますよね。こういった日本文化は時代が進んでも、残っていってほしいと思いますね。

スポンサーリンク

お正月, 服・小物