折り紙を8枚使った“八方手裏剣”の作り方!すごくカッコいいよ!

折り紙手裏剣といえば、どんな手裏剣を想像しますか?

たぶん、折り紙を2枚使った手裏剣を想像されるのではないでしょうか。ここで紹介するのは、折り紙を8枚という贅沢な使い方をした、八方手裏剣です。

かなりカッコいいですよ!ちなみに、できあがりはこのような感じになります↓

折り紙の八方手裏剣

見た目だと、作り方が難しそうに思えますがそんなことありません。けっこう簡単です。ただし、8つのパーツを折るので、それなりに時間はかかってしまいますが…

では作り方をご紹介します。いつも動画は無音ですが、今回は、しゃべってます(笑)もし不快に思われる方は、がっちりミュートしちゃってください。

スポンサーリンク

八方手裏剣の作り方

※折り方はこちらの動画を参考にさせていただきました。

折り紙8枚を用意します。(ここでは10.5㎝の折り紙を使っています、カラフルの方は15㎝で作りました)

同じことの繰り返し

1個作ったら、あとは同じ要領で、あと7個作ります。作り方は同じなので、簡単に8個折れると思います。8個作れたら、1個ずつ組み合わせていきます。組み合わせ方も、同じことの繰り返しです。

投げて遊ぶ場合は、出来あがったら、中心をセロハンテープで固定しましょう。なんせ、組み合わせてあるので、衝撃に激弱ですので…あと、補強でそれぞれの角もテープでぐるぐる巻いておくといいでしょう。

スポンサーリンク

おわりに

八方手裏剣の作り方はわかりましたか?最後の組み合わせのとこだけコツがいりますが、あとは割と簡単につくれたのではないでしょうか。

これは、八方手裏剣と言っていますが、「星」として、七夕、クリスマスの飾りにも使えちゃうんです^^折り紙を8枚使うので、それぞれの色を変えれば、すっごいステキな飾りになりますよ。ぜひ、手裏剣としてだけでなく、色々試してみてください。

その他の手裏剣の作り方はこちらです↓
手裏剣の作り方をわかりやすく!

スポンサーリンク

ユニット・くす玉, 遊び