【ポケモン折り紙】ピカチュウ風船と顔の折り方をわかりやすく紹介します!

ポケモンの代名詞ともいえる大人気キャラクターの「ピカチュウ」を折り紙で折ってみました。ここでは、「ピカチュウの顔」と「ピカチュウ風船」の二つの折り方をご紹介します。

ポケモンは、わたしが小学生の低学年のころに始まりました。当時は、ゲームボーイで赤と緑が発売され、その後人気はうなぎのぼり。最初は151匹だったポケモンもいまでは…何匹になったんだ(笑)

正直当時のピカチュウは、全然使えませんでした。アニメでサトシが使っていたから、これだけの人気があるのでは、なんて思っています。わたしにとって、そんな思いで深くもないピカチュウですが、折り紙で作ると可愛いんです(笑)

スポンサーリンク

ピカチュウの折り方

ピカチュウの顔

仕上がりはこんな感じです↓

折り紙のピカチュウ

とくに難しい折り方ではないので、注意する部分はないのですが…

最後に、顔をマジックで書くとき、けっこう乾くまでに時間かかります。なので、気を抜いていると、せっかく折った部分が汚れてしまう危険があります。なので、マジックで書いたあとに、しっかりと乾燥させましょう!

ピカチュウ風船

仕上がりはこんな感じです↓

折り紙のピカチュウ風船

顔と耳は最初に書く

ピカチュウ風船のポイントは、顔と耳を最初に書くということです。

最初といっても一番最初ではありませんが..最後に書いた場合は、ふくらましてあるので、全然うまくかけません。ぶっさいくなピカチュウになってしまいます。なので、動画のように、折り目つけ、広げたときに顔と耳を書くようにしましょう。

スポンサーリンク

おわりに

ピカチュウの折り方はわかりましたでしょうか?顔の書き方で、可愛さはだいぶ違ってくるので、アニメのピカチュウの顔を見てゆっくり書いてみましょう!

そうそう、ポケモンがテレビで放送されたのが「1997年」なんですね。ということで、今年が2014年なんで、17年間愛され続けているということです。いやー改めてポケモン人気のすさまじさを感じます。

まさか、自分の子供に、ポケモンを見せることになるとは…

スポンサーリンク

キャラクター